音楽と私と音楽

オヤマダ君は…

投稿日:2009年2月16日 更新日:

今までの人生のなかで

人並みに色々な国に行ったのですが

お恥ずかしいことに

飛行機という乗り物が大嫌いでして…。

高いところが嫌いなんですよね。

どのくらい嫌いかと言いますと

エアコンを掃除するために

キャスターつきの椅子に乗るとちょっと恐いというくらいです。

飛行機に乗ると

もう恐ろしくて恐ろしくて恐怖で眠れません。

墜落するのが

恐いんです。

いや

墜落なんて確率的にがんばっても出来るものじゃないのは分かっているんですよ。

でも

空を飛んでいる限り100%というものが無いので。

そのため、12時間近くのフライトの前は

前の日に一睡もしないでフライトに挑むことがあります。

それでもほとんど眠れないくらいなのです。

周囲の人には呆れられます。

飛行機はジャンボでも恐いので

小さな飛行機なんてとても乗れません。

ジャンボ以外の飛行機は

今まで一度しか乗ったことがありませんね。

一度だけ小さい飛行機に乗りました。

イギリスからデンマークまで

ローカルで安くて小さい飛行機に乗ったのですが

恐ろしくて私の脳みそ梅干3号が

カリカリ梅6号になりました。

「仕事の話があまり出ないブログ」 株式会社ワックスミュージックエンターテイメント 社長のブログ-梅干3号

ちょっと最近うめさんの使用頻度が高いですね。

少々フリが長くなりましたが

そのくらい飛行機が嫌いです。

そんな飛行機嫌いの私が

イギリスにいた頃

日本に数週間一時帰国した時期がありました。

数週間日本で過ごし

またイギリスに戻るときの飛行機の機内で起こった出来事です。

いつものようにフライトが恐ろしくて仕方ない私は

前の日にほぼ一睡もせず

飛行機という鉄の塊に挑みました。

席は運よくしっぽの部分

一番後ろの二人掛けの席で

夏のUターンラッシュのような時期で

ロンドンのヒースローまで行く満員の便だったにもかかわらず

私の隣の席だけ空席でした。

これは2席分使えるからもしかしたら眠れるのではないか?

そんな期待を抱き、いざフライト。

離陸時に恐怖で固まり

手は汗で洪水。

永遠にも感じられた離陸の恐怖が終わり

シートベルト解除のサインが出て

さあこれからが飛行機との戦いだと思ったとき

辺りの異変に気づきました。

正確には離陸の時点でうすうす気づいていたのですが

私の席の周辺一帯が

小学生の集団…。

40~50人くらいいたでしょうか。

夏休みを利用してイギリス旅行に行きます的な企画かと思いました。

当然のことながら

テンションが低いわけがありません。

静かなわけがありません。

さよなら睡眠時間。

こんにちは拷問のような時間。

前の日ほぼ一睡もしていなかったのに…。

絶望の淵に立たされながらも何とかして寝ようとする私。

騒ぎまくる小学生。

いや、子供は好きなんですよ本当に。

ただマナーは守らないといけないですよ。

そして

苦労の甲斐あって少しウトウトしてきたそのとき

薄れ行く意識の中で声が聞こえました。

「オヤマダ~ オヤマダ~…」

「オヤマダー クレヨンしんちゃん貸せよ!」

どうやら私の前の席に座っている少年がオヤマダ君らしいのですが

彼は色々な友人から、やたら声をかけられます。

漫画やゲームを沢山持ってきた子供なのか

彼の横に子供が来ては何かを持っていったり

彼の友達が何かを返しに来たり。

先生らしき人が何度も何度も注意するも一向に静かにならない機内。

周りの乗客がCAに文句を言ったのか

一瞬静かになるも10分ほどで元通りのボリュームに。

オヤダマ君に何かを借りに来て私と目が合う彼の友人。

私の苛立ちはピークを超え

なんだか面白くなってきました。

「オヤマダー○○の1巻誰に貸した~?」

「オヤマダー○○のソフトは~?」

から始まり延々と彼の友人たちが声をかけ続けます。

「オヤマダー小遣いいくら持ってきた?」

(私:寝かせてください。)

「オヤマダー昨日何時間寝た?」

(私:寝てないし、お前らのせいで寝られない。)

「オヤマダートイレどこ?」

(私:オヤマダ君の後ろの後ろだ。ちなみにオヤマダ君の後ろは俺だ。

   トイレは先生に聞け。つーか何故オヤマダ君に聞いた?

   逆に聞くが何故オヤマダ君にそこまで固執する?)

「オヤマダー料理は肉と魚どっちにする?」

(私:そんなことよりお前を料理してやろうか?)

「オヤマダーイギリスに着いたらはじめに何する?」

(私:だから着いたらすぐにお前を料理するって)

「オーヤーマーダ~…」

(私:………、って用は無いんかい?)

カッコ内は私の心の叫びです。

かなりの時間が経ち乗客が寝るために機内が暗くなっても拷問は続きました。

真っ暗の機内で囁く彼の友人。

「お~や~ま~だ~…」

離陸から数時間

オヤマダという苗字を100回近く聞かされ

オヤマダ君は何者なのか改めて考えてみました。

眠るために梅干3号を疲れさせ

考えに考え抜き出た結論

「オヤマダ君はCGなんじゃないのか?」

実はオヤマダ君は実際にはいない人物で

無意識に私が眠れない理由を空想の人間オヤマダ君のせいにしている。

疲労と恐怖で私はおかしくなって変な妄想をしているんだ。

そうだ

弱い自分がそうしてるに違いない!

オヤマダ君はCGだ!

オヤマダ君はCGだ!

だからもう眠れるんだ!

だからもう眠れるんだ!

飛行機と戦うこと10時間

到着まで2時間程しかないが

ようやく眠れそうになり最後にさりげなく前の席の横を通ったとき

オヤマダ君らしき少年は鼻水とよだれらしきものを垂らしながら横の席にもたれて寝ていました。

実在した…。

そのとき私が10時間かけて必死でおびき寄せた睡魔が

屁をこきながら笑顔で去っていきました。

私の辛さを理解してくださる優しい方、どうか以下のランキングに1クリックずつお願い致します。

「仕事の話があまり出ないブログ」 株式会社ワックスミュージックエンターテイメント 社長のブログ-ベンチャー社長ランキング
 「仕事の話があまり出ないブログ」 株式会社ワックスミュージックエンターテイメント 社長のブログ-人気ブログランキング

ベンチャー社長ブログランキング
人気ブログランキング
に参加しています。

毎回クリックありがとうございます。

株式会社ワックスミュージックエンターテイメント

ワックスミュージックショップ-red branch-

ワックスミュージックショップ-green branch-

  • にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
  • にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

  • 応援クリックをお願いしますm(_ _)m

-音楽と私と音楽

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

小沢健二 / 痛快ウキウキ通り なんだか懐かしくなったのでつい…

中学生 高校生の頃でしたか けっこう好きでした。 今も好きですよ。 最近では CMでカバーされていた …

私が昔住んでいた街 ~ London Tower Hill part1 ~

私が昔住んでいたフラット(アパート)  この中のどこかの部屋 フラットの裏はプチハーバー 若大将 ア …

no image

外道 / 香り

あっ! あああああああああああっ!!! 発見!! 外道!!? 映像を発見してしまいました。 この人た …

no image

golf 『Plastic Love e.p.』 2010年5月12日リリース

個人的に好きなアーティスト golf 素敵です。 golfについては 今度ゆっくり記事を書きたいと思 …

なぜライトを落とすのですか?

バンドリハの一コマです。 私以外メンバー全員が神奈川県民ということもあり 横浜のスタジオで 定期的に …

書いている人

  • にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
  • にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

  • 1日1回上のバナーをクリックして
    応援&順位チェックをお願いしますm(_ _)m

イギリスのロンドンで起業したロンドン在住の日本人社長のブログ。にも関わらず、余計な話ばかりで仕事の話はあまりでないのは何故か?

検索してみる?

過去の投稿